読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近くも遠くもない自分を全力で生きる

みなさんこんにちは。

 

最近ぼくのりりっくのぼうよみにはまっているふるふるです。 

ひらがなばっかりだ。

 

明日は何の日か知っていますでしょうか?

 

そう、ついに明日は世間でいう就活解禁日。

○○ナビさんたちが開催する合説があちらこちらで始まり、慣れないスーツ姿をした学生さんたちが多くなりそうです。

 

これを読んでくれている方の中にも、就活生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ぜひそんな就活生の方に読んでほしいなあと思います。

 

就活といえばよく言われる求人倍率ですが、

僕たちの世代、2017年卒の求人採用倍率は約1.74倍だそう(リクルートワークス研究所調べ)。

求人倍率とは、求人総数÷民間企業就職希望者数で計算されるみたいですので一概には言えませんが、1人に対し1~2つの働き口があるということになります。

 

2018卒である方々の倍率もそこまで変わらないでしょうから、働く場所さえ選ばなければどこかは採用してくれるであろう、となりますね。

ただ、多くの方は大企業や自分が目指している職種の会社への内定をいただきたいと思っていると思うのでそこを目指して欲しいですが。

 

今回のブログでは恋愛経験がほとんどない僕が、就活を恋愛に例えて書いていきたいと思います。

 

 

 

 

大前提として、

みなさんはこれから会社へエントリーシートや履歴書を書いて選考へ応募していくと思いますが、相手の企業は好きですか?

 

顏とか、体つきが好みだということだけで選んでいないか自分に問いかけてみてください。

誰もがうらやむ大手(おおて)ちゃんはめちゃくちゃかわいい。

付き合えるなら絶対に付き合いたい。だけれど、実際に付き合ったら性格が合わず苦しくなるなんてこともあります。

 

相手のことを何も知らず、表に出ている情報や自分の好みという直感だけで企業を選んでいると、いざ告白する時にも「君の身体がタイプなんだ!!」「あなたの筋肉量が好きなの!」としか言えなくなります。最低ですね。

 

 

外見だけで判断するような人とはほとんどの人は付き合いたくないでしょう。

それよりもきちんと自分のことを知って、どうして自分を好きになってくれるのかを話して、将来のことも考えてくれる人のほうが好感触なはずです。

もちろん自分の好きなタイプで、常識のある人という前提はありますが、まずは相手のこと、自分のことをよく知り、本当にお互いが幸せになれるのかを考えましょう。

ほとんどの企業は自分のことを真剣に考えて、どうして選んだのかを重視するはずです。

 

 

ただし、例外として企業の中でも人を選ばず誰でもいいというところもあります。

仕事がヤれる身体がほしいという黒井さん(ブラック企業)は、手ごろな人を探していますから誰でもいいのです。セフレとしてヤれるなら病気を持っていなければだれでもいいのです。

そんな黒井さんについていったらヤり捨てられ、身体と心に深い傷を負うことになるかもしれません。

そんな相手には注意が必要です。

 

 

色んな企業の選考を受ける中で、自分が好きな企業も絞られてくるとは思いますが気をつけなければいけないのは焦りと不安で楽なところへいき安心してしまうこと。

 

 

恋人(内定)ができないと確かに焦ります。

このまま一生童貞(無い内定)なのか…

かれぴっぴもいないわたしなんて…と不安になることもあるでしょう。

だけど都合のいいやつになって、安心しないでほしいんです。

 

相手が好きそうな「自分」を演じたり、内定ゲット!などの本や記事に書いてあるものに縋るのではなく本当に好きな相手を見つけて、自分の言葉で、態度で相手に好きと伝えたほうがいい。

 

それで振られたら自分とは縁がなかっただけです。

次に好きになった子に全力を尽くしましょう。

必ずあなたに振り向いてくれる素敵な相手がいるはずです。

 

 

 

 

企業によってまちまちではありますが、大手企業にもなるとエントリーシートを提出してから1ヶ月半ほど選考が続くところがほとんどです。中には第8次選考まであるところもあるそう。

 

恋人を作るのに8回も審査されるのはたまらないですが、就職活動は一生付き合うことになるかもしれない人と出会えるまたとないチャンスです。

人生は就活で決まらないけれど、決めることもできる。

本当の自分にあった相手と恋ができるように、自分を見失わず就職活動に臨んでほしいと思います。

 

 

最後に、就活は団体戦でもチーム戦でもありません。

多くの人が、独りで戦うことになります。

就活をしていく中で、どうしても不安になったり、焦ることもあります。

自分が否定されたり、周りと比較して自信がなくなってくる。

 

でも、そんな時こそもう一度自分の気持ちを確かめてください。

好きな企業に入って何をしたいのか、なぜその企業でなければいけないのか、あなたは相手に対して何ができるのか、したいのか

その問いに淀みなく答えられるならきっと大丈夫。自信を持って告白してください。

答えられなかったら、本当に好きな相手ってどんなところなのかもう一度考え直してみましょう。

 

就活が終わったとしても、まだまだチャンスはある。

節目があっても終わりはないから、気楽に構えて色々な出会いを楽しんでいただければいいかと思います。

独りの戦いを逃げずに立ち向かうことで、必ずかっこよく、かわいくなれるはず。

 

あなたに相応しい相手が見つかり、お互いが幸せになれることを祈っています。

 

 

 

 

f:id:furufur:20170228215611j:plain